元国税調査官 飯田のカウンセリング話 – 調査官はゴミ箱もあさります!

eyecatch_book_miteiru

調査官はゴミ箱もあさります!

昨日は、大阪市内のとある納税協会で税務調査に関するお話をさせていただきました。

タイトルは
「調査官目線でつかむ税務調査」
~税務調査の準備と対応~。

控室で待機していると

“今日は満席なんです。詰めて座ってください!”

という声が聞こえてきました。

会場の会議室に入ると、本当に満席でした。

緊急のご依頼だったので、人が集まるのかしらと思っていたんですけど、

お暑い中、たくさんお運びいただきました。

講座の最初は、いつも、どんな方が参加してくださっているのか確認します。

昨日は経理担当の方が7割でした。

通常であれば、業務を行っている時間帯です。

社長から“行ってこい!”と言われての参加の方もあります。

経営者ばかりの時はいいのですが、

経理の方の場合、どんな話だったのか社長に報告しないといけないかも知れません。

なので、いつも以上に、

眠らずに聞いていただけるよう細心の注意を払って話をさせていただきました。

“いや~、流石ですね~。
一番後ろの席で聞かせてもらってましたけど、誰一人眠ってる人いませんでした”

今回も最初に私(飯田)が書いた本を読んだことがあるかどうかお尋ねしたところ、

手があがったのはお一人だったんです。

まだまだ、知名度低いってことです。

今回は、質問タイムも設けられていていい質問をいただきました。

“売り上げを少なく申告している時って全部、書類を捨てたりしてるんですよね。
それだと何も調べられないんじゃないですか?”

なるほど…。

税務調査は残っている書類を調べるものだと思っていらっしゃる方、多いように思います。

“帳面は逃げへんねんぞ!”

と、私(飯田)は、教えてもらいました。

調査では、帳面に至る前の事実確認を行うのです。

それと入念な準備調査ですかね。

質問タイムには、こちらの納税協会の参事も意見を述べてくださいました。

“私も飲食店の調査をしたとき、
その店が出したごみをあさって、真実の売上伝票を把握したことがありましたよ”

う~~ん、こちらの参事。

私(飯田)より、ディープな案件に関わって来られてきた方でした!

——————————–
東京開催です!!
頼りにされる所員を育てる!会計事務所業績アップセミナー
【頼りにされる所員を育てる!会計事務所業績アップセミナー(東京開催)】

国税勤務26年・元国税調査官が税務調査の実態を語る!!
税務調査に入られにくい企業を構築するには?

<税務調査対応で顧問先様に喜ばれたい税理士・公認会計士の皆様へ>
税務調査の時の正しい対応方法や、
どんな企業に税務調査が入るかご存知ですか?

<一つでも該当された方は必ず参考になるセミナーです!>
☑️税務調査の対象企業はどのように選ばれるのか、あまり知らない。
☑️クライアント先に税務調査が入ると決まった時、正しい対応方法をちゃんと伝えられない。本当にすべき準備について知らない。
☑️税務調査に入られにくい企業にしたいが、具体的にわからない。
☑️クライアント先から、社員のメンタルについて相談を受ける。
☑️クライアントの悩みを解決できる所員を育てたい。

<参加者の声>
税務調査に来られても、修正申告を提出せずに税務調査が終わりました。

日時:2017年8月10日(木)
   17:00~19:00(会場受付 16:30〜)
   ◎懇親会 19:00〜

場所:飯田橋イタリアンレストラン 「スクニッツォ!」
   東京都千代田区富士見2-3-1 信幸ビルB1F
   JR/地下鉄 飯田橋駅徒歩3分

定員:30名まで

聴講:特別価格 10,000円/人(懇親会費含む)

参加資格:税理士・公認会計士の皆様

お申し込み・お問合せ:
●メールでお申し込み
お名前をご記入の上、info@jamha.org までメールください

●フォームでのお申込み
頼りにされる所員を育てる!会計事務所業績アップセミナー

●Facebookでの申し込み
Facebook:https://www.facebook.com/events/259723717857179/
——————————–

本コラムについて

一般社団法人日本マインドヘルス協会
代表 飯田真弓

国税勤務26年、国家公務員税務職高卒女子第1期生
元国税調査官・産業カウンセラー税理士

税務署は見ている。』は5万部を超えるベストセラー

元国税調査官の着眼力と産業カウンセラーの傾聴力で
2代目・3代目の経営者の方の他人には言えないお悩みや
会計事務所・税理士法人のヒトに関する問題を解決!

月刊『税務弘報』(中央経済社)に
♪こんなん,聴いてきましたけど~♪
『産業カウンセラー税理士飯田真弓の傾聴インタビュー』
を連載中の飯田が日々の出来事を通して気づいたことがらを

【税務署は見ている。】番外編

としてお届けしています。