元国税調査官 飯田のカウンセリング話 – 社員が挨拶しないんです…。

eyecatch_book_miteiru

社員が挨拶しないんです…。

中小企業の経営者の方のお悩みは多岐にわたります。

“えっ、そんなことで…?”

と、思うようなことを気にされていることがあります。

でも、これって、“あたり” やと思うんです。

“うちの社員の中に挨拶をしない者がいるんです。
どうも、社内で挨拶しない雰囲気があるみたいなんです”

ご紹介いただいた経営者様は、自社のことなのに、最初、他人事のようにお話をされました。

“いつ頃から、そんな風に感じておられるんでしょうか?”

私(飯田)がお尋ねすると思い当たる節はあるようでした。

でも、今までそこを見ることを避け続けて来られたようでした。

今、何か手を打たなければ、社内のコミュニケーション不足が原因になって会社にとってよくないことが起こるのではないか。

そんな予感がされてるように思いました。

でも、何をすればいいのかわからない。

“挨拶をしない社員だけではなく全ての社員が研修をうけるようにするのが、いいかも知れませんね。”

“朝、社員のみなさんがどんな風に挨拶されているのか、見学させていただいてもよろしいでしょうか?”

ということで、会社の方に挨拶の様子を見に行かせていただきたいと申し出ました。

“じゃあ、いつにしましょうか?”

と私(飯田)は手帳を出そうとしたのですが、経営者さまは、

“一度、社に戻ってから、また、ご連絡させていただきます。”

と言われたんです。

数日後。

“なんだか乗り気がしないので、今回は見合わせていただけますか”

と、お電話がありました。

私(飯田)はこの経営者さまのお役に立ちかたったんですけど、何が悪かったんでしょうか?

もっと、食い下がって理由をお聞かせいただくべきやったんでしょうか。

社員全員で研修をすることよりも経営者様ご自身のことをもっとお聴ききするのが先やったのか。

ちょっと、いろいろと反省しなければなりません。

きっと、いつかお役に立ちます!

——————————–
おためし♪ こころが見える。自己理解が深まる エコラージュ・ワークショップ
おためし♪
こころが見える。自己理解が深まる
【エコラージュ®・ワークショップ】

【日時】2017年9月12日(火)※毎月第2火曜日
18時30分~20時30分

【会場】(社)日本マインドヘルス協会・飯田真弓税理士事務所
大阪市中央区谷町7丁目3-4 新谷町第三ビル310号室
大阪市営地下鉄谷町線 谷町六丁目駅下車 徒歩3分

【所要時間】約120分

【定員】4名様(少人数なので、ゆったりワークできます)

【参加費】お一人様 3,240円(要予約)
※お申し込みいただいた方に振込口座をお知らせします。
お振り込みを確認し、受付とさせていただきます。

【持ち物】
・いらなくなった雑誌(2~3冊)、新聞、パンフレット、写真など(貼りたいと思う画像をプリントアウトして持ってきてもOK)
・作品(四つ切の画用紙)を持ち帰るための袋

【申し込み方法】要事前予約(当日参加も可)

【お申し込み・お問合せ】
●メールでお申し込み
お名前をご記入の上、info@jamha.org までメールください

●フォームでお申し込み
おためし♪ こころが見える。自己理解が深まる エコラージュ・ワークショップ

●Facebookでの申し込み
Facebook:https://www.facebook.com/events/286574158482104/
——————————–

いらなくなった雑誌やチラシを切り貼りするだけ!

な・の・に…。

気分スッキリ!
ストレス解消!

元々、こころの病の治療法だったコラージュ療法をアレンジ。

◆ NHKニュースで紹介されてます!

【今、関西で人気のメンタルヘルス研修】(約5分)
https://www.youtube.com/watch?v=sBefUThsEmc

本当の自分が見える!

お仕事帰りにお気軽にお立ち寄りくださいませ。
——————————–

本コラムについて

一般社団法人日本マインドヘルス協会
代表 飯田真弓

国税勤務26年、国家公務員税務職高卒女子第1期生
元国税調査官・産業カウンセラー税理士

税務署は見ている。』は5万部を超えるベストセラー

元国税調査官の着眼力と産業カウンセラーの傾聴力で
2代目・3代目の経営者の方の他人には言えないお悩みや
会計事務所・税理士法人のヒトに関する問題を解決!

月刊『税務弘報』(中央経済社)に
♪こんなん,聴いてきましたけど~♪
『産業カウンセラー税理士飯田真弓の傾聴インタビュー』
を連載中の飯田が日々の出来事を通して気づいたことがらを

【税務署は見ている。】番外編

としてお届けしています。