元国税調査官 飯田のカウンセリング話 – 殺陣は地球を繋ぐ?!

eyecatch_book_miteiru

殺陣は地球を繋ぐ?!

外国人観光客にむけて殺陣の体験を行っているのは 一般社団法人日本殺陣道様。
http://nihontatedokyokai.com/

こちらの会長とは、以前、東北の被災地に癒しを届けるというボランティア活動を一緒にしてました。

以降、facebookでは繋がってたんですけど、リアルではすっかりご無沙汰だったんです。

その会長と再会したのは去年。

“ビックリです、目の前に。”

突然、このメッセージが届いたんです。

飯田:えっ、何処にいらっしゃったんですか?

会長:電車の真ん前にいましたよ。天理までの。おじいさん、おばあさんと話をしていたので、邪魔しないようにと。

飯田:あらまぁ、お恥ずかしいです。目の悪い母と、耳の遠い父と、大声で話してて、全く気づかず、大変失礼いたしました。

会長:失礼、父母でしたか?会話は全て聞こえてましたよ。上品な両親ですね。

いや~、“目から火が出る”ってこういうことなんですね。西大寺から天理まで、ずっ~~と。

大声で話ししてたんです。

母にこの話をしたら赤面していました。

全部聞こえてたとは…(汗)。

でも、それ以来、会長のfacebookもよくみるようになりました。

それで、今回、殺陣の着付けのボランティアを募集されていることを知り、関わらせていただくようになったんです。

実は、この会長、アーツ☆エンターテイメント学院 http://www.arts-ent.jp/ も経営されてるんです。

学校に行けなくなった子どもたちのための学校です。

殺陣は、授業として導入されたみたいです。

殺陣を通して、日本の文化を子ども達に知ってほしいという願いもあったんだと思います。

外国人に殺陣を体験してもらえば儲かるだろうからという発想で始められたわけではないんですね。

外国人に対しても、日本のこころを伝えようと、懇切丁寧に指導されるので、それが人気を呼んでいるのかなと思います。

体験は、前半は、構えをレクチャーし、後半は実際に二人一組で殺陣を練習し音響効果も使って実演し録画もします。

各自、気に入った衣装に着替え

“Action!”

という言葉とともにビデオが回ります。

気分は“必殺仕事人”というより“ハリウッド俳優”なんでしょうね。

アドリブでセリフを入れながら、チャンチャンバラバラ。

最後はブスッととどめを刺すとカメラに向かって、どや顔で終わり。

言葉を超えたコミュニケーションがとれるって、ホントに楽しいものですよね。

実は、”エコラージュ・ワークショップも

今までに、ドイツ人、トルコ人、ベトナム人、モンゴル人にも体験していただきました!

言葉が通じなくても、自己理解でき、相互理解にも繋がる、“エコラージュ”。

今月のおためし会は下記の通りです。

——————————–
第2回 【おためし“エコラージュ・ワークショップ”講座】

日時:2017年6月6日(火)
18時30分~20時30分

場所:一般社団法人日本マインドヘルス協会
   大阪市中央区谷町7-3-4
新谷町第三ビル310号室

定員:4名様(要予約・当日参加も可能)

参加費:お一人様 3,240円

お申し込み・お問合せ:
●メールでお申し込み
お名前をご記入の上、info@jamha.org までメールください

●フォームでお申し込み
おためし♪ こころが見える。自己理解が深まる エコラージュ・ワークショップ

●Facebookでの申し込み
https://www.facebook.com/events/1529847337033940/
——————————–

いらなくなった雑誌やチラシを切り貼りするだけ!

な・の・に…。

気分スッキリ!
ストレス解消!

元々、こころの病の治療法だったコラージュ療法をアレンジ。

◆ NHKニュースで紹介されてます!

【今、関西で人気のメンタルヘルス研修】(約5分)
https://www.youtube.com/watch?v=sBefUThsEmc

本当の自分が見える!

お仕事帰りにお気軽にお立ち寄りくださいませ。

本コラムについて

一般社団法人日本マインドヘルス協会
代表 飯田真弓

国税勤務26年、国家公務員税務職高卒女子第1期生
元国税調査官・産業カウンセラー税理士

税務署は見ている。』は5万部を超えるベストセラー

元国税調査官の着眼力と産業カウンセラーの傾聴力で
2代目・3代目の経営者の方の他人には言えないお悩みや
会計事務所・税理士法人のヒトに関する問題を解決!

月刊『税務弘報』(中央経済社)に
♪こんなん,聴いてきましたけど~♪
『産業カウンセラー税理士飯田真弓の傾聴インタビュー』
を連載中の飯田が日々の出来事を通して気づいたことがらを

【税務署は見ている。】番外編

としてお届けしています。