元国税調査官 飯田のカウンセリング話 – 思っていたのと少し違った…。

eyecatch_book_miteiru

思っていたのと少し違った…。

昨日は、昨年、ネットで探して研修のご依頼を下さった団体様から

再度、お声かけいただき

~「税務調査」正しい知識と対応策~

というタイトルで、4時間お話させていただきました。

講演、講演会、研修会、セミナー。

お話をさせていただく際の仕事の呼び方は、主催者様によっていろいろ変わります。

切り口は、「税務調査」なんですけど

より、いただいたテーマに沿ったお話ができるように毎回資料を作り直しています。

主催者様の目的は何なのか、

また、当日、参加してくださる方がどんな方なのか、よくよく考えます。

昨日の主催者様は、“経営・経理・実務セミナー”ということでのご依頼でした。

ご要望もあり、告知の段階でお話させていただく内容について、

各章のタイトルまでオープンにしていました。

セミナー終了後、アンケートを回収すると、主催者様がご用意されていたものもあったのですが

私(飯田)が準備したアンケートの方が、たくさん意見を書いていただいていたようでした。

“今回もたくさん参加してくださって上司も凄く喜んでました。”

と担当の方。

私(飯田)は、アンケートを自宅に持ち帰ってから一枚一枚読ませていただきました。

「税務署の内情や調査の雰囲気が知れたので、こころにゆとりができました。」

「税務調査についてはもちろんですがコミュニケーションや税理士との付き合い方などの話も聞けてよかった。」

「特に具体的(実体験)なので良く伝わりました。」

などなど、ほとんどが高評価でした。

でも、中に、

“思っていたのと少し違った…。”

というのがありました。

と、もう一枚。

“とても残念”というご意見が…。

え~~~~!!!教えてほしいです。

何が残念だったんでしょうか?

“少し違ってたって”、何が?何処が…?

事前に、話す内容をチラシにも書いてお知らせしてたのに…。

アンケート回収率96.8%。

この2枚。6%のご意見なんですけど、真摯に受け止めたいと思います。

——————————–
東京開催です!!
頼りにされる所員を育てる!会計事務所業績アップセミナー
【頼りにされる所員を育てる!会計事務所業績アップセミナー(東京開催)】

国税勤務26年・元国税調査官が税務調査の実態を語る!!
税務調査に入られにくい企業を構築するには?

<税務調査対応で顧問先様に喜ばれたい税理士・公認会計士の皆様へ>
税務調査の時の正しい対応方法や、
どんな企業に税務調査が入るかご存知ですか?

<一つでも該当された方は必ず参考になるセミナーです!>
☑️税務調査の対象企業はどのように選ばれるのか、あまり知らない。
☑️クライアント先に税務調査が入ると決まった時、正しい対応方法をちゃんと伝えられない。本当にすべき準備について知らない。
☑️税務調査に入られにくい企業にしたいが、具体的にわからない。
☑️クライアント先から、社員のメンタルについて相談を受ける。
☑️クライアントの悩みを解決できる所員を育てたい。

<参加者の声>
税務調査に来られても、修正申告を提出せずに税務調査が終わりました。

日時:2017年8月10日(木)
   17:00~19:00(会場受付 16:30〜)
   ◎懇親会 19:00〜

場所:飯田橋イタリアンレストラン 「スクニッツォ!」
   東京都千代田区富士見2-3-1 信幸ビルB1F
   JR/地下鉄 飯田橋駅徒歩3分

定員:30名まで

聴講:特別価格 10,000円/人(懇親会費含む)

参加資格:税理士・公認会計士の皆様

お申し込み・お問合せ:
●メールでお申し込み
お名前をご記入の上、info@jamha.org までメールください

●フォームでのお申込み
頼りにされる所員を育てる!会計事務所業績アップセミナー

●Facebookでの申し込み
Facebook:https://www.facebook.com/events/259723717857179/
——————————–

本コラムについて

一般社団法人日本マインドヘルス協会
代表 飯田真弓

国税勤務26年、国家公務員税務職高卒女子第1期生
元国税調査官・産業カウンセラー税理士

税務署は見ている。』は5万部を超えるベストセラー

元国税調査官の着眼力と産業カウンセラーの傾聴力で
2代目・3代目の経営者の方の他人には言えないお悩みや
会計事務所・税理士法人のヒトに関する問題を解決!

月刊『税務弘報』(中央経済社)に
♪こんなん,聴いてきましたけど~♪
『産業カウンセラー税理士飯田真弓の傾聴インタビュー』
を連載中の飯田が日々の出来事を通して気づいたことがらを

【税務署は見ている。】番外編

としてお届けしています。