元国税調査官 飯田のカウンセリング話 – 会計事務所のお悩みお聴きかせいただきます!

eyecatch_book_miteiru

会計事務所のお悩みお聴きかせいただきます!

税務調査対応策のセミナーに参加して下さって、

アンケートにもご協力いただいた経営者の会社に訪問させていただいて、

お話を聴かせていただくようになってから、どの会社にも、

色々なエピソードがあって、お悩みもあるんだなあと思っています。

税理士事務所や公認会計士事務所も代表の税理士さんは、経営者ということになるのですが、

税理士事務所には特有のお悩みがあるように思っています。

税理士や公認会計士の事務所に就職してくる人って、

将来的には、税理士や公認会計士として独立・開業したいと思っている方が多いみたいです。

後、1科目が、なかなか受からないんです。

という話ももよく聞きました。

私(飯田)が国税に在職していた頃は

ある程度の規模の税理士事務所には“番頭さん”と呼ばれる立場の方がいらっしゃいました。

資格を持っていて、その事務所の代表の税理士さんのことを“大先生”と呼んだりしてましたね。

“大先生”が国税のOBだったりすると、事務所に出て来なかったりで

実質の事務所のマネジメントは“番頭さん”がやってるという事務所、

結構あったように記憶しています。

対税務署だったり、対経営者だったり、税理士事務所特有のお悩みってあると思います。

そんなお悩みを聴かせていただき

問題解決の糸口を一緒に見つけることも私(飯田)の今の仕事だと思ってるんです。

事務員が税務調査の際の対応の仕方を心得ていないというのはやっぱり、しんどいと思います。

お客様である、経営者に税務調査に入られにくくするには、日ごろからどんなことに注意すればいいのか。

そのあたりのことをお伝えできる事務員になってもらえるとお客様の信頼度もアップすると思います。

それより、何より、他の業種と同じように、税理士事務所も後継者問題は重要だと思います。

将来は息子に税理士事務所を継がせたいと思っているという方いらっしゃると思います。

息子さんとの関係がうまくいっていない事務所もありますよね。

そんな親子の関係を取り持つこともさせていただけるかなと思っています。

いろんな人を繋ぐ媒介者でありたい。

そんな風に思っています。

——————-
【10月から開講】
エコラージュ・ワークショップ入門講座

夜コースは10月3日(火)から、日曜コースは10月22日(日)からです。

■夜コース
【日時】10月3日(火)18:30~20:30よりスタート

全6回講座
・第1回 10/3(火)
・第2回 10/17(火)
・第3回 11/7(火)
・第4回 11/21(火)
・第5回 12/5(火)
・第6回 12/19(火)

【受講料】お一人様 180,000円(消費税別)

—-

■日曜コース
【日時】10月22日(日)13:00~18:00スタート

全5回講座
・第1回 10/22(日)
・第2回 11/5(日)
・第3回 11/19(日)
・第4回 12/3(日)
・第5回 12/17(日)

【受講料】お一人様 200,000円(消費税別)

—-

【場所】(社)日本マインドヘルス協会 飯田真弓税理士事務所
 大阪市中央区谷町7丁目3-4新谷町第三ビル310号室
(大阪市営地下鉄谷町六丁目駅下車 徒歩3分)

【持ち物】
・いらなくなった雑誌(2~3冊)・新聞・パンフレット・写真など
(貼りたいと思う画像をプリントアウトして持ってきてもOK)
・作品を持ち帰るための袋

【定員】6名様
(少人数制なので、ゆったり学ぶことができます)

※お申し込みいただいた方に振込口座をお知らせします。

是非、お問い合わせくださいませ♪
お申込・お問い合わせはこちらから

本コラムについて

一般社団法人日本マインドヘルス協会
代表 飯田真弓

国税勤務26年、国家公務員税務職高卒女子第1期生
元国税調査官・産業カウンセラー税理士

税務署は見ている。』は5万部を超えるベストセラー

元国税調査官の着眼力と産業カウンセラーの傾聴力で
2代目・3代目の経営者の方の他人には言えないお悩みや
会計事務所・税理士法人のヒトに関する問題を解決!

月刊『税務弘報』(中央経済社)に
♪こんなん,聴いてきましたけど~♪
『産業カウンセラー税理士飯田真弓の傾聴インタビュー』
を連載中の飯田が日々の出来事を通して気づいたことがらを

【税務署は見ている。】番外編

としてお届けしています。