元国税調査官 飯田のカウンセリング話 – 事業承継と親子の確執

eyecatch_book_miteiru

事業承継と親子の確執

突然ですが、みなさま。

質問です!

“ホテルと言えば…”

チッツ、チッツ、チッツ、チッツ…。

色々あると思うんですけど、

私(飯田)が今、そう聞かれたら星野リゾートさんでしょうか。

JRと南海電車と大阪市営地下鉄と阪堺電車の駅が近接し、

めちゃくちゃ便利なんですけど、降り立つことのあまりない駅。

このエリアにホテルを建てるというので、

関西ではそのチャレンジャーぶりから一気に、注目を浴びています。

先日、オランダ人大学生君がその界隈で連泊しているというので初めて行ってみたのですが、

そんなにゴミも落ちてなかったし、臭いもあまりしなかったし、

これからもっと改善されていくんだろうなと思いました。

星野リゾートさまは、お父さまの代の20倍と言われていますが、

さらに売り上げを伸ばしていかれるんだろうと思います。

でも、そんな星野リゾートさまもお父さまとの意見の違いがあり仲が悪くなっていったんですよね。

~特権階級や公私混同をなくすと同時に
社員のモチベーションを高める方向にかじを切り、収益力を向上させた。~

日経のカレッジカフェというページの記事にそう書かれていました。

社員ひとりひとりのモチベーションを上げると言葉に書くとこれだけですけど、

大変な労力が必要だったと思います。

お別れの会で配付された小冊子「四代目星野嘉助と軽井沢」には、

以下のような文章を認めてあるそうです。

「(若いころは)自分が正しいと思っておりましたが、
結果的に事業が今でも継続できていることは、
父が長期的な視野で同族経営の良識を発揮したからなのです」

やっぱり、そうなんですね!

先代があっての現社長なんですよね。

そこに気づいていただいた上で経営について議論を交わすこと。

私(飯田)は、コミュニケーション能力をアップさせることを事業にしていますが、

親子の確執の軽減という部分でも、お役に立てると思っています。

先代と現社長の媒介者になること。

これも、私(飯田)の使命です。

——————————–
おためし♪ こころが見える。自己理解が深まる エコラージュ・ワークショップ
おためし♪
こころが見える。自己理解が深まる
【エコラージュ®・ワークショップ】

【日時】2017年9月12日(火)※毎月第2火曜日
18時30分~20時30分

【会場】(社)日本マインドヘルス協会・飯田真弓税理士事務所
大阪市中央区谷町7丁目3-4 新谷町第三ビル310号室
大阪市営地下鉄谷町線 谷町六丁目駅下車 徒歩3分

【所要時間】約120分

【定員】4名様(少人数なので、ゆったりワークできます)

【参加費】お一人様 3,240円(要予約)
※お申し込みいただいた方に振込口座をお知らせします。
お振り込みを確認し、受付とさせていただきます。

【持ち物】
・いらなくなった雑誌(2~3冊)、新聞、パンフレット、写真など(貼りたいと思う画像をプリントアウトして持ってきてもOK)
・作品(四つ切の画用紙)を持ち帰るための袋

【申し込み方法】要事前予約(当日参加も可)

【お申し込み・お問合せ】
●メールでお申し込み
お名前をご記入の上、info@jamha.org までメールください

●フォームでお申し込み
おためし♪ こころが見える。自己理解が深まる エコラージュ・ワークショップ

●Facebookでの申し込み
Facebook:https://www.facebook.com/events/286574158482104/
——————————–

いらなくなった雑誌やチラシを切り貼りするだけ!

な・の・に…。

気分スッキリ!
ストレス解消!

元々、こころの病の治療法だったコラージュ療法をアレンジ。

◆ NHKニュースで紹介されてます!

【今、関西で人気のメンタルヘルス研修】(約5分)
https://www.youtube.com/watch?v=sBefUThsEmc

本当の自分が見える!

お仕事帰りにお気軽にお立ち寄りくださいませ。
——————————–

本コラムについて

一般社団法人日本マインドヘルス協会
代表 飯田真弓

国税勤務26年、国家公務員税務職高卒女子第1期生
元国税調査官・産業カウンセラー税理士

税務署は見ている。』は5万部を超えるベストセラー

元国税調査官の着眼力と産業カウンセラーの傾聴力で
2代目・3代目の経営者の方の他人には言えないお悩みや
会計事務所・税理士法人のヒトに関する問題を解決!

月刊『税務弘報』(中央経済社)に
♪こんなん,聴いてきましたけど~♪
『産業カウンセラー税理士飯田真弓の傾聴インタビュー』
を連載中の飯田が日々の出来事を通して気づいたことがらを

【税務署は見ている。】番外編

としてお届けしています。