元国税調査官 飯田のカウンセリング話 – “世間知らず”とはどういうことか?

eyecatch_book_miteiru

“世間知らず” とはどういうことか?

“世間知らず”という言葉があります。

何を持って“世間”というのか議論する余地はあると思います。

“世間知らず” と同じような意味の言葉には、常識はずれ・非常識・過保護などがあります。

教えてあげれば、学べるという人もいれば、

何度言っても身につかないという人もいますよね。

常に常識について教えておこうと思いながら子育てしている親後さんもいると思います。

とにかく、勉強して、よい大学に入って、よい会社に入って、子どものためを思って

勉強しやすい環境を作ることに躍起になっている親御さんもいらっしゃいます。

その積み重ねが、自分の子どもを、どんどん世間知らずにしていることもあるようです。

“世間知らず” が起こす弊害は色々あると思います。

じゃあ、どうすれば、そのことをなくすことができるのでしょうか。

まず、“世間を知ろう” とするこれを意識することだと思います。

なんだか、単に言葉遊びをしているように見えたかも知れませんが、

世間って、じっとしてません。

常に動いている。

それに合わせて社会生活を営むという意識を持つこと。

これは、その人の生き方、生きやすさにも繋がってくると思います。

“郷に入れば郷に従え” という諺は、生き抜く知恵をその一言で表しています。

その人はよかれと思ってやったことが別な人にとってはよくないことで、迷惑をかけてしまうこと。

あると思います。

多くの人は、“しまった!” と思ったら、同じ過ちをしないようするでしょう。

でも、また、同じ失敗をしてしまう人もいますよね。

悪気はなくても、です。

“自分って、ちょっと世間知らずなところがあるのかも…”

そう感じている人、いると思います。

他人事のように書いていますが、これは、私(飯田)のことなんです。

言い聞かせています。

“あれっ、これって大丈夫だったかな?”

と思うように意識しています。

”世間知らず” 対策は、常に謙虚な気持ちでいること。

これに尽きると、思っています。

——————————–
おためし♪ こころが見える。自己理解が深まる エコラージュ・ワークショップ
おためし♪
こころが見える。自己理解が深まる
【エコラージュ®・ワークショップ】

【日時】2017年9月12日(火)※毎月第2火曜日
18時30分~20時30分

【会場】(社)日本マインドヘルス協会・飯田真弓税理士事務所
大阪市中央区谷町7丁目3-4 新谷町第三ビル310号室
大阪市営地下鉄谷町線 谷町六丁目駅下車 徒歩3分

【所要時間】約120分

【定員】4名様(少人数なので、ゆったりワークできます)

【参加費】お一人様 3,240円(要予約)
※お申し込みいただいた方に振込口座をお知らせします。
お振り込みを確認し、受付とさせていただきます。

【持ち物】
・いらなくなった雑誌(2~3冊)、新聞、パンフレット、写真など(貼りたいと思う画像をプリントアウトして持ってきてもOK)
・作品(四つ切の画用紙)を持ち帰るための袋

【申し込み方法】要事前予約(当日参加も可)

【お申し込み・お問合せ】
●メールでお申し込み
お名前をご記入の上、info@jamha.org までメールください

●フォームでお申し込み
おためし♪ こころが見える。自己理解が深まる エコラージュ・ワークショップ

●Facebookでの申し込み
Facebook:https://www.facebook.com/events/286574158482104/
——————————–

いらなくなった雑誌やチラシを切り貼りするだけ!

な・の・に…。

気分スッキリ!
ストレス解消!

元々、こころの病の治療法だったコラージュ療法をアレンジ。

◆ NHKニュースで紹介されてます!

【今、関西で人気のメンタルヘルス研修】(約5分)
https://www.youtube.com/watch?v=sBefUThsEmc

本当の自分が見える!

お仕事帰りにお気軽にお立ち寄りくださいませ。
——————————–

本コラムについて

一般社団法人日本マインドヘルス協会
代表 飯田真弓

国税勤務26年、国家公務員税務職高卒女子第1期生
元国税調査官・産業カウンセラー税理士

税務署は見ている。』は5万部を超えるベストセラー

元国税調査官の着眼力と産業カウンセラーの傾聴力で
2代目・3代目の経営者の方の他人には言えないお悩みや
会計事務所・税理士法人のヒトに関する問題を解決!

月刊『税務弘報』(中央経済社)に
♪こんなん,聴いてきましたけど~♪
『産業カウンセラー税理士飯田真弓の傾聴インタビュー』
を連載中の飯田が日々の出来事を通して気づいたことがらを

【税務署は見ている。】番外編

としてお届けしています。