元国税調査官 飯田のカウンセリング話 – 一日遅れで、“敬老”してきました!

eyecatch_book_miteiru

一日遅れで、“敬老”してきました!

祝日が、決まった日ではなく、月曜日になったことがいまだに、しっくりいかないのは私(飯田)だけなのでしょうか?

今年の敬老の日は、9月18日(月・祝)でしたが、台風直撃でしたね。

まあ、他の理由もあったんですけど、

一日遅れで敬老するため、昨日は、実家に行ってきました。

玄関を開けると母が出てきました。

“え~~、どうしたん??”

半年ほど前、玄関で転んで背中を骨折しついこの前まで星飛馬のようなコルセットをはめていた母の左腕が石膏で固められています。

“玄関で古新聞を縛ってたら手が滑って手をついたら、ぐねって、2~3日湿布をしてたけど、手の骨が折れててん…”

高齢者のケガは家の中で起こることが多いと聞いたことがあるように思いますが、こういうことなんですね。

今まで何気にやっていたことだけどふとした拍子で力の配分が違ってケガに繋がる…。

利き腕ではなかったので、それほど不自由そうではありませんでしたがどんな風に用心すればいいんでしょうねえ。

実家に行っても何があるというわけではないんです。

とりとめのない話を御大声でするだけ。

本当に、とりとめのない話なんですけどね。

来月、お宮参りするけど、もし、嫁が洋装だったとったとしても、父方の母親は着物を着ていくものかな

と母と話していてお宮参りのときに着けるお賽銭みたいなのを買いに行こうということになりました。

ぶらぶらと散歩がてら、結納やさんへ。

“お宮参りのときに着けるお賽銭みたなのありますか?”

お店の人に尋ねると

“これのことですか?”

と出してこられたもの名前を尋ねると“紐銭”というのだと教えてくれました。

“大阪で、お宮参りするんですけど大阪でも、こういうのんするもんですか?”

母が、お店の人に尋ねました。

“さぁ、京都はしますけど、よそはしゃはるかどうかわかりませんねぇ”

なんとも愛想のない返事。

“お宮参りですか。おめでとうございます。”

と一言、言ってくれてもよかったのにね。

と、母と言いながら家に帰りました。

——————-
【10月から開講】
エコラージュ・ワークショップ入門講座

夜コースは10月3日(火)から、日曜コースは10月22日(日)からです。

■夜コース
【日時】10月3日(火)18:30~20:30よりスタート

全6回講座
・第1回 10/3(火)
・第2回 10/17(火)
・第3回 11/7(火)
・第4回 11/21(火)
・第5回 12/5(火)
・第6回 12/19(火)

【受講料】お一人様 180,000円(消費税別)

—-

■日曜コース
【日時】10月22日(日)13:00~18:00スタート

全5回講座
・第1回 10/22(日)
・第2回 11/5(日)
・第3回 11/19(日)
・第4回 12/3(日)
・第5回 12/17(日)

【受講料】お一人様 200,000円(消費税別)

—-

【場所】(社)日本マインドヘルス協会 飯田真弓税理士事務所
 大阪市中央区谷町7丁目3-4新谷町第三ビル310号室
(大阪市営地下鉄谷町六丁目駅下車 徒歩3分)

【持ち物】
・いらなくなった雑誌(2~3冊)・新聞・パンフレット・写真など
(貼りたいと思う画像をプリントアウトして持ってきてもOK)
・作品を持ち帰るための袋

【定員】6名様
(少人数制なので、ゆったり学ぶことができます)

※お申し込みいただいた方に振込口座をお知らせします。

是非、お問い合わせくださいませ♪
お申込・お問い合わせはこちらから

本コラムについて

一般社団法人日本マインドヘルス協会
代表 飯田真弓

国税勤務26年、国家公務員税務職高卒女子第1期生
元国税調査官・産業カウンセラー税理士

税務署は見ている。』は5万部を超えるベストセラー

元国税調査官の着眼力と産業カウンセラーの傾聴力で
2代目・3代目の経営者の方の他人には言えないお悩みや
会計事務所・税理士法人のヒトに関する問題を解決!

月刊『税務弘報』(中央経済社)に
♪こんなん,聴いてきましたけど~♪
『産業カウンセラー税理士飯田真弓の傾聴インタビュー』
を連載中の飯田が日々の出来事を通して気づいたことがらを

【税務署は見ている。】番外編

としてお届けしています。