メンタルヘルス企業研修の話 – ライバルはエステサロン!?

eyecatch_book_miteiru

ライバルはエステサロン!?

クレジットカードの会社からエステの割引案内のDMが届きました。

期間限定で、通常価格の4分の1でサービスが受けられるとのこと。

“エステといえば○○○〇〇”。をキャッチコピーにしているこの会社。

全国に100店舗以上、従業員は1,000人以上、の規模で展開しています。

私が子どもの頃、エステなんてありませんでした。

私が結婚した頃、式を挙げる前にエステに行くのはそんなにポピュラーではなかったと記憶しています。

それが今では、タウンページに1万店以上のエステサロンが登録されています。

エステサロンに来られる方は、何を求めてお店に足を運ばれるのでしょうか?

綺麗になりたい!
痩せたい!癒されたい!

かなと思います。

エステティシャンに施術をしてもらうことで欲望を満たすってことですよね。

他力というか、本質的な解決には至らないように思うんですけど、

このことにお金を払う人がたくさんいるという事実がここあります。

当協会が提供しているのは、こころの内面を綺麗にして自分を癒す方法です。

そうなんです。

“癒し”というキーワードを考えれば、当協会は、エステと同じ土俵に立っているといえるのではないか

って、思ってるんです。

人様のお役に立ちたい、

そんな思いで大枚をはたいて多くの時間を費やして

産業カウンセラーの資格を取得したけれど、それを活かせる場がないという方。

結構いらっしゃるんです。

キャリアカウンセラーもそうだと聞いています。

かたや企業では、社員のモチベーションが上がらずどうすればいいのか、

頭を悩ませている経営者が相当数いらっしゃるという話をよく耳にします。

私は、この産業カウンセラーの人達と、経営者の方々、双方をお繋ぎすることで

社会的問題を解決する仕組みを作りたいと思っています。

いやいや、思っているだけだったら、ことが進みませんよね。

やります!つくります!

私が死んでからでもいいんです。

この事業を文化にするために活動を続けていきます。

ひとりひとりが活き活きと自分らしい人生を送れることのお手伝いを、

“自分は何をするために生まれてきたのか?“

気付けるワークショップを毎年1回必ず、国のお金で受けることができる仕組みを!!

本コラムについて

一般社団法人日本マインドヘルス協会
代表 飯田真弓

国税勤務26年、国家公務員税務職高卒女子第1期生
元国税調査官・産業カウンセラー税理士

税務署は見ている。』は5万部を超えるベストセラー

元国税調査官の着眼力と産業カウンセラーの傾聴力で
2代目・3代目の経営者の方の他人には言えないお悩みや
会計事務所・税理士法人のヒトに関する問題を解決!

月刊『税務弘報』(中央経済社)に
♪こんなん,聴いてきましたけど~♪
『産業カウンセラー税理士飯田真弓の傾聴インタビュー』
を連載中の飯田が日々の出来事を通して気づいたことがらを

【税務署は見ている。】番外編

としてお届けしています。