元国税調査官 飯田のカウンセリング話 – プレゼンティズムとアブセンティズム

eyecatch_book_miteiru

プレゼンティズムとアブセンティズム

色々なものやことが欧米化される中、こころのケア、カウンセリングも、

もっと日本でもポピュラーになると思っていたんですけど、

なかなか浸透しませんね。

なぜなんでしょうか?

儲からない、商業ベースに乗って来ないからなんですかね。

でも、健康経営や働き方改革が言われるようになって、動きに変化が出てきたように思うんです。

プレゼンティズムとアブセンティズムという言葉。ご存知でしょうか。

プレゼンティズム(Presenteeism)とは、

「出勤しているにも関わらず、心身の健康上の問題により、充分にパフォーマンスが上がらない状態」

を意味します。

一方、欠席を意味するのがアブセンティズム(absenteeism)。

こちらは、欠勤や休職、あるいは遅刻早退など、職場にいることができず、

業務に就けない状態を意味します。

今まで、企業では、アブセンティズムの予防と対策がメインに行われていたんですよね。

でも、最近の研究から、職域の業績に与える影響は、アブセンティズムよりも、

プレゼンティズムの方が大きいことが明らかになってきたんです。

病気じゃないんですよ。

一応、出勤できてるし、でも、なんだかやる気がでなくてパソコンに向かっているけど、

ぼ~っとしてる時間の方が長いとかそういう状態のことです。

これって、ひとりひとりのやる気の問題ですよね。

こころの持ちようって、部分の話。

こころのケアなんですよ。やっときたんです。

私(飯田)はずっと言ってたんです。

そのことが何より大切だって!!

例えば、ひとりが、10%やる気をアップさせることができたら、

企業全体の業績は何パーセントアップするのでしょうか。

10%ですよね。

10%は無理だとしても1%でもいいじゃないですか。

昨日よりも頑張ろうっていう気持ちをひとりひとりが持つことができたら、

会社全体の士気はあがるはずです。

働き方を評価の対象とするのではなく、ひとりひとりが活き活きと働くために、話を聴いてくれる人が必要なんです。

それは、企業内の上長ではダメなんですよね。

外から来た人でないと、社員は本音の話はしないでしょう。

カウンセラーの需要、今後高まっていくと思います。

やっと追い風が吹いてきたそう思っています。

——————————–
おためし♪ こころが見える。自己理解が深まる エコラージュ・ワークショップ
おためし♪
こころが見える。自己理解が深まる
【エコラージュ®・ワークショップ】

【日時】2017年9月12日(火)※毎月第2火曜日
18時30分~20時30分

【会場】(社)日本マインドヘルス協会・飯田真弓税理士事務所
大阪市中央区谷町7丁目3-4 新谷町第三ビル310号室
大阪市営地下鉄谷町線 谷町六丁目駅下車 徒歩3分

【所要時間】約120分

【定員】4名様(少人数なので、ゆったりワークできます)

【参加費】お一人様 3,240円(要予約)
※お申し込みいただいた方に振込口座をお知らせします。
お振り込みを確認し、受付とさせていただきます。

【持ち物】
・いらなくなった雑誌(2~3冊)、新聞、パンフレット、写真など(貼りたいと思う画像をプリントアウトして持ってきてもOK)
・作品(四つ切の画用紙)を持ち帰るための袋

【申し込み方法】要事前予約(当日参加も可)

【お申し込み・お問合せ】
●メールでお申し込み
お名前をご記入の上、info@jamha.org までメールください

●フォームでお申し込み
おためし♪ こころが見える。自己理解が深まる エコラージュ・ワークショップ

●Facebookでの申し込み
Facebook:https://www.facebook.com/events/286574158482104/
——————————–

いらなくなった雑誌やチラシを切り貼りするだけ!

な・の・に…。

気分スッキリ!
ストレス解消!

元々、こころの病の治療法だったコラージュ療法をアレンジ。

◆ NHKニュースで紹介されてます!

【今、関西で人気のメンタルヘルス研修】(約5分)
https://www.youtube.com/watch?v=sBefUThsEmc

本当の自分が見える!

お仕事帰りにお気軽にお立ち寄りくださいませ。
——————————–

本コラムについて

一般社団法人日本マインドヘルス協会
代表 飯田真弓

国税勤務26年、国家公務員税務職高卒女子第1期生
元国税調査官・産業カウンセラー税理士

税務署は見ている。』は5万部を超えるベストセラー

元国税調査官の着眼力と産業カウンセラーの傾聴力で
2代目・3代目の経営者の方の他人には言えないお悩みや
会計事務所・税理士法人のヒトに関する問題を解決!

月刊『税務弘報』(中央経済社)に
♪こんなん,聴いてきましたけど~♪
『産業カウンセラー税理士飯田真弓の傾聴インタビュー』
を連載中の飯田が日々の出来事を通して気づいたことがらを

【税務署は見ている。】番外編

としてお届けしています。