元国税調査官 飯田のカウンセリング話 – ナラティヴってご存知ですか?

eyecatch_book_miteiru

ナラティヴってご存知ですか?

エコラージュ講座を定期開催している京都ラボール学園は、京都市内の“西院”というところにあります。

今でも嵐電が走ってる風情のある街。

行くたび、テンション上がります。

ラボール学園の特徴は集客方法。

ナント!!!
回覧板がほとんどなんです。

この話。東京在住のマーケティングの専門家にお話したら、

“今どき回覧板??”

と、びっくりされてました。

“エコラージュ?”は、“コラージュ療法”を元に考案し、私(飯田)が商標登録したワークショップ。

それをたくさんの方に体験して知っていただきたいというのが、この講座の主旨です。

前回は、みなさん同じ素材でしたが、今回はご自身で素材を持参していただきました。

そうすると作業の時間が長めになり、前回よりもご自身の気持ちにピッタリな作品が出来上がったようでした。

あっ、すいません…。

“エコラージュ?”とか、“コラージュ療法”って何?

って、思われましたか?

では、ここでちょっと説明をさせていただきますね。

いらなくなった雑誌やチラシをチョキチョキ切ってペタペタ貼りつけるだけ。

な・の・に…。

作品の上に潜在意識が顕在化され、こころの中がスッキリし、やる気が沸いてくるというワーク。

貼りつける台紙は、17色の四つ切画用紙の中からその日の気分で選びます。

“その日の気分で”というのがポイント!

好きなものでもなく、目標でもなくテーマもいらないんです。

昨日は、3つのグループにわかれてそれぞれ、受講生の方に作品を観ながら語っていただきました。

この“語り”を“ナラティヴ”といいます。

実は、当協会はこのナラティヴの研究者 森岡正芳氏に理事に入っていただいてます。

http://www.ritsumei.ac.jp/psy/teacher/morioka/

近年。ナラティヴで身体の病気が治ったという事例も発表されたりしています。

何もないのに自分のことを話すのって、ちょっと照れくさいですよね。

それを助けるのがエコラージュというわけです。

“へぇ~、なんか、ちょっとやってみたいなぁ~。”

と、思いましたか?

そんな方のためにご用意しています。

“おためし、エコラージュ・ワークショップ“

次回は、6月6日(火)です。

18時30分~20時30分。
場所は、谷町六丁目の当協会です。

お申し込みお問い合わせはこちらから。

Facebookでの申し込みはこちら
https://www.facebook.com/events/1529847337033940/

本コラムについて

一般社団法人日本マインドヘルス協会
代表 飯田真弓

国税勤務26年、国家公務員税務職高卒女子第1期生
元国税調査官・産業カウンセラー税理士

税務署は見ている。』は5万部を超えるベストセラー

元国税調査官の着眼力と産業カウンセラーの傾聴力で
2代目・3代目の経営者の方の他人には言えないお悩みや
会計事務所・税理士法人のヒトに関する問題を解決!

月刊『税務弘報』(中央経済社)に
♪こんなん,聴いてきましたけど~♪
『産業カウンセラー税理士飯田真弓の傾聴インタビュー』
を連載中の飯田が日々の出来事を通して気づいたことがらを

【税務署は見ている。】番外編

としてお届けしています。