元国税調査官 飯田のカウンセリング話 – “ココロとカラダの健康フェアー”

eyecatch_book_miteiru

“ココロとカラダの健康フェアー”

昨年に引き続き、“ココロとカラダの健康フェアー”に出店させていただいてます。

昨日は、“エコラージュ・ワークショップ“初体験の方が参加してくださいました。

“今から、ご自身のココロと向き合う時間です。軽く目を閉じ気持ちを静めましょう”

こんな声かけから、“エコラージュ・ワークショップ”は、始まります。

静かに呼吸をし続け、1分経ったら、目を開けます。

“では、今の気持ちを、1から10の数字で表すといくつになるか書いてみましょう!”

数字を書いたら、“教示”に入ります。

“教示”とは、心理テストなどを行う際の注意事項を述べることです。

“今日の気分に任せてチョキチョキ切って、今日の気分に任せてペタペタ貼ってください。

「今日の気分で…」というところがポイントです”

これが、“教示”です。

“教示”の通りにすることでより、自分自身の潜在意識が作品の上に顕在化されることになるんです。

一緒のテーブルの方とお話をしたり、和やかな雰囲気の中で作品を作っていきます。

ここで覚えておいてほしいのが、“エコラージュ・ワークショップ”の特徴です。

目標を貼るのではありません。

好きなものを貼るのでもありません。

テーマもいらないんです。

その日の気分に任せてチョキチョキ切って、その日の気分に任せてペタペタ貼る。

それだけ。

な・の・に…。

ココロの深い部分が作品の上に表れるんです。

な・の・に…。

じゃなくって、

だ・か・ら…。

なのかも知れませんね。

作品を仕上げられたら講師と対話をします。

“この作品に矢印をつけるとしたら、どの方向になると思いますか?”

“右下から左上に向かってかな…”

ご自身がそのように言われたら、その方向について補足します。

“右下から左上への方向は、自分を高める気持ちがあることが多いんですけどいかがですか?”

作者は、一瞬、ハッとした表情をされました。

講師は、その表情を見逃さず“ねっ!”と目で合図するんです。

作った方は、もう、それだけで“今の私は、これでいいんだ!”と自己肯定感が深まります。

その後も、ご自身で色々な気づきを語ってくださいました。

人生の一大イベントのことも作品に表れてたんです。

やっぱり、凄いです。

“エコラージュ・ワークショップ”。

言葉では十分お伝え出来ないことが本当に残念です…。

是非、体験していただければと思います。

——————————–
【ココロとカラダの健康フェアー】
ココロ元気に!超楽しい“表現療法” を体験!
【エコラージュ®・ワークショップ】

【日時】2017年6月26日(月)
(1)11:00~13:00 (2)14:00-16:00 (全2回)

【会場】あべのハルカス近鉄本店
    大阪市阿倍野区阿倍野筋1-1-43 ウィング館7階 街ステーション

【所要時間】約120分

【定員】各回8名

【申し込み方法】要事前予約(当日参加も可)

【参加費】大人2,000円 子ども(小学生以下)1,000円

【お申し込み・お問合せ】
●メールでお申し込み
お名前をご記入の上、info@jamha.org までメールください

●フォームでお申し込み
こころが見える。自己理解が深まる エコラージュ・ワークショップ

●Facebookでの申し込み
https://www.facebook.com/events/479367579072030/
——————————–

いらなくなった雑誌やチラシを切り貼りするだけ!

な・の・に…。

気分スッキリ!
ストレス解消!

元々、こころの病の治療法だったコラージュ療法をアレンジ。

◆ NHKニュースで紹介されてます!

【今、関西で人気のメンタルヘルス研修】(約5分)
https://www.youtube.com/watch?v=sBefUThsEmc

本当の自分が見える!

お仕事帰りにお気軽にお立ち寄りくださいませ。

本コラムについて

一般社団法人日本マインドヘルス協会
代表 飯田真弓

国税勤務26年、国家公務員税務職高卒女子第1期生
元国税調査官・産業カウンセラー税理士

税務署は見ている。』は5万部を超えるベストセラー

元国税調査官の着眼力と産業カウンセラーの傾聴力で
2代目・3代目の経営者の方の他人には言えないお悩みや
会計事務所・税理士法人のヒトに関する問題を解決!

月刊『税務弘報』(中央経済社)に
♪こんなん,聴いてきましたけど~♪
『産業カウンセラー税理士飯田真弓の傾聴インタビュー』
を連載中の飯田が日々の出来事を通して気づいたことがらを

【税務署は見ている。】番外編

としてお届けしています。