元国税調査官 飯田のカウンセリング話 – オランダ人の方と一緒に坐禅してきました!

eyecatch_book_miteiru

オランダ人の方と一緒に坐禅してきました!

毎回、なんですけど、

お寺に行くと、初めての参加という方が数名いらっしゃってます。

昨日は、青い瞳のナイスガイ君が住職の一番近くに座って一生懸命話を聴いておられました。

オランダの学生さんで、ついこの前まで長崎大学に留学してて、来週から台湾に留学されるとのこと。

東アジアの文化に興味を持ち、特に、仏教について研究されてるということでした。

坐ってるとわからないけど立つと長身。

ナント、身長185cm。22歳。

若い!日本語上手い!

坐禅が終わってからの懇親会では親よりも年上であろう、おじさんやおばさんから質問攻め。

きっかけは合気道。

オランダで習ってたんですって。

お父さまは超一流大学の教授。

ドヤ街に泊まっているというので、

後学のために、どんなお宿に泊まっているのか、ついていくことになりました。

いつも、乗り換えでは降りるけど滅多なことがない限り、改札を出て、地上へは降り立たない駅。

ニッカポッカ姿の方が、道に座ってカップラーメンを啜っています。

寝る場所を探しているみたい…。

窓がいっぱいあるホテルがたくさん立ち並んでいました。

宿泊費、平均1泊1500円。

駅から数分歩くと、オランダ人学生さんが泊まっておられるお宿に到着。

看板には、1泊800円~と表示。

え~~、1泊800円!!!。

外国人の間で、評判のいいホテルだということで、写メした部屋も見せてもらいました。

2畳、プラス、床の間。

風呂なし、トイレなし冷房なし、扇風機あり。

そういえば、かのオランダ人君。

ずっと笑顔で、不愉快な表情を見せたことが、一瞬たりともありませんでした。

感じのいい人なんです。

やっぱり、コミュニケーションって言葉じゃないんだなって思いました。

オランダって、日本が鎖国してた時唯一、国交してた国ですもんね。

もっと仲良くなっていいと思いました。

——————————–
おためし♪ こころが見える。自己理解が深まる エコラージュ・ワークショップ
おためし♪
こころが見える。自己理解が深まる
【エコラージュ®・ワークショップ】

【日時】2017年9月12日(火)※毎月第2火曜日
18時30分~20時30分

【会場】(社)日本マインドヘルス協会・飯田真弓税理士事務所
大阪市中央区谷町7丁目3-4 新谷町第三ビル310号室
大阪市営地下鉄谷町線 谷町六丁目駅下車 徒歩3分

【所要時間】約120分

【定員】4名様(少人数なので、ゆったりワークできます)

【参加費】お一人様 3,240円(要予約)
※お申し込みいただいた方に振込口座をお知らせします。
お振り込みを確認し、受付とさせていただきます。

【持ち物】
・いらなくなった雑誌(2~3冊)、新聞、パンフレット、写真など(貼りたいと思う画像をプリントアウトして持ってきてもOK)
・作品(四つ切の画用紙)を持ち帰るための袋

【申し込み方法】要事前予約(当日参加も可)

【お申し込み・お問合せ】
●メールでお申し込み
お名前をご記入の上、info@jamha.org までメールください

●フォームでお申し込み
おためし♪ こころが見える。自己理解が深まる エコラージュ・ワークショップ

●Facebookでの申し込み
Facebook:https://www.facebook.com/events/286574158482104/
——————————–

いらなくなった雑誌やチラシを切り貼りするだけ!

な・の・に…。

気分スッキリ!
ストレス解消!

元々、こころの病の治療法だったコラージュ療法をアレンジ。

◆ NHKニュースで紹介されてます!

【今、関西で人気のメンタルヘルス研修】(約5分)
https://www.youtube.com/watch?v=sBefUThsEmc

本当の自分が見える!

お仕事帰りにお気軽にお立ち寄りくださいませ。
——————————–

本コラムについて

一般社団法人日本マインドヘルス協会
代表 飯田真弓

国税勤務26年、国家公務員税務職高卒女子第1期生
元国税調査官・産業カウンセラー税理士

税務署は見ている。』は5万部を超えるベストセラー

元国税調査官の着眼力と産業カウンセラーの傾聴力で
2代目・3代目の経営者の方の他人には言えないお悩みや
会計事務所・税理士法人のヒトに関する問題を解決!

月刊『税務弘報』(中央経済社)に
♪こんなん,聴いてきましたけど~♪
『産業カウンセラー税理士飯田真弓の傾聴インタビュー』
を連載中の飯田が日々の出来事を通して気づいたことがらを

【税務署は見ている。】番外編

としてお届けしています。