代表理事挨拶

理事長こんにちは。
この度は、一般社団法人日本マインドヘルス協会のHPにお立ち寄りいただきありがとうございます。

“飯田真弓” で検索された方。

“あれ?税理士事務所のHPじゃないの…?”

と、思われたかも知れません。

私は、高卒女子初の初級国家公務員(税務職)として採用され、税務調査という仕事をしていました。税金の使い方を考えることが中心の公務員にあって、税務調査をすることにより、追加の税金を納めていただくという仕事にやりがいと誇りを感じていました。そして、在学中に放送大学で心理学を学び、その後、表現療法という心理療法に出逢い、大きな気づきを得ます。

“税金に関わる仕事より、もっと大切なことがある!
それは、ひとりひとりが自分自身の生まれてきた意味に気づき、活き活きとした人生を送ることだ!”

2008年、“こころのケアに関する事業を文化にするんだ!” という強い志のもと、26年間、勤務した国税を退職しました。

“なんで、国税調査官を辞めたんですか?もったいない!!”

今度は、そんな声が聞こえてきそうですね。

もったいない、という気持ちは全くありませんでした。税務調査は “悪い人探し” が仕事です。けれども、職場を離れれば、普通に、妻で、母で、一般の方と同じような生活をしていました。今となっては、警察よりも嫌いといわれている仕事を、26年間も続けて来れたことを不思議に思います。

退職したのには、もうひとつ理由があります。実は、私は、自分自身のコミュニケーション能力が低いことを知っていました。コミュニケーション能力が低くても、一社会人として過ごせてきたのは、親方が日の丸だったこと。もうひとつ、いつも、笑顔でいれば、なんとかやり過ごすことができるということを子どもの頃から、肌感覚で知っていたからです。

コミュニケーション能力が低いとはどういうことか。相手の気持ちを理解する能力が低いということです。話をすると、言葉のキャッチボールではなく、言葉のデッドボールになります。

私は、どうすればコミュニケーションがよくなるのか。放送大学に入学したり、産業カウンセラーの資格を取ったりして、色々と学びを深めて行きました。そこで、辿り着いたのが、表現療法(芸術療法)でした。

昨今、どのようなシーンでも、コミュニケーションという言葉を聞かない日はありません。ぴったりした日本語がないように思っているのですが、近いところでいうと“対話”ということになるでしょうか。

今、私が一番注目しているのが、職場におけるコミュニケーション不足による損失です。当初、メンタルヘルスケア研修の方法として、表現療法を元にしたワークショップを提供させていただいていました。けれども、実施させていただく中、メンタルヘルスケア研修としてのリスク管理だけではなく、自己理解を深めることもできることがわかってきました。モチベーションアップや、イノベーションが起こる研修としてもご提案させていただいております。

これらの研修を定期的・継続的に実施することで、職場全体のコミュニケーション能力がアップします。社員同士がお互いに思いやる気持ちが強くなれば、それは、そのまま、組織力、会社をよくする力の元となり、業績アップに繋がっていきます。

“コミュニケーションをよくする研修はないだろうか?”

とお探しの、総務担当、人事担当のみなさま。
是非、一般法人日本マインドヘルス協会のプログラムをお役立てください。
お問合せをお待ちしております。

【取得資格等】
産業カウンセラー、認定心理士、日本芸術療法学会正会員、税理士、近畿税理士会南支部租税教育推進委員副委員長。

【著書】 「税務署は見ている。」 (日経プレミアシリーズ) 飯田 真弓
税務署は見ている
【DVD】 「税務調査に選ばれる企業の共通点」(エイチアンドダブリュー株式会社)飯田 真弓

700件にもおよぶ税務調査を経験した元国税局員の講師が、税務調査に入られる企業と入られない企業の違いを解説。

税務調査に選ばれる企業の共通